ミニマリストアローンのブログ

WordPressのおすすめプラグイン7選+2選【入れすぎ注意】

BLOG

WordPress初心者「WordPressのプラグインが色々ありすぎる。どれを入れるべきかわからん…。おすすめがあれば知りたいです。」

こういった疑問に答えていきます。

WordPressのプラグインって色々ありすぎてぶっちゃけ悩みますよね。
というわけでこの記事では、実際に僕が使っているおすすめプラグイン7つと、その他おすすめのプラグインを紹介していきます。

ちなみにプラグインの入れすぎは危険です。その理由も後ほど解説していきます。

本記事の内容

  1. 最低限入れておくべきおすすめのプラグイン7つ
  2. あると便利なプラグイン2つ
  3. プラグインの入れすぎには注意しよう

スポンサードサーチ

最低限入れておくべきおすすめのプラグイン7つ

最低限入れておくべきおすすめのプラグイン7つ
上記の画像は僕が使っているプラグインで、7つしかありません。
順番に紹介していきます。

AddQuicktag

よく使う「HTMLタグ」や「ショートコード」を登録できるプラグインです。

この効率化によって、記事を書くスピードが上がります。特にテキストエディタを使う場合は必須のプラグインですね。

All In One SEO Pack

サイトのSEO対策の手助けをしてくれるプラグイン。
基本的にはmeta descriptionmeta keywordsを設定するのに使います。

また管理画面からSNSシェア設定も行えますし、WordPressを運営していくにあたって入れておくべきプラグインです。

BackWPup

上記のとおり。
バックアップを自動的に行ってくれるので、何か起きても心配ないです。

Classic Editor

現在のエディターは使いにくい印象だったので、このプラグインを入れて旧エディターに戻しています。
プラグインを入れて有効化するだけでいいので簡単。

EWWW Image Optimizer

画像を圧縮してくれるプラグイン。これを入れておくと、新規にアップロードした画像も自動的に圧縮してくれます。

ゲロ重な画像を貼り付けると、サイトが重たくなります。サイトスピードを上げるためにも入れておきましょう。

Google XML Sitemaps

サイトマップを自動で送信してくれます。設定した後にサーチコンソールでインデックス登録をすればOK

WP Multibyte Patch

WordPressを日本語対応にしてくれるプラグインです。思考停止で有効化すればOK

スポンサードサーチ

あると便利なプラグイン2つ

あると便利なプラグイン2つ
ここからは、あると便利なプラグインをいくつか紹介していきます。
自分が必要だと思ったら、入れればいいと思います。

Table of Contents Plus

目次を自動生成してくれるプラグインです。記事で見出しを作れば勝手に生成されます。

Contact Form 7

お問い合わせフォームを作成できるプラグインです。簡単に作成できる上に、デザインを自分好みにアレンジできます。

スポンサードサーチ

プラグインの入れすぎには注意しよう

プラグインの入れすぎには注意しよう
ここからはWorPressを運営していく上で、特に初心者には注意すべき点について話していきます。

それは、プラグインの入れすぎは危険だということです。

プラグインの入れすぎはなぜ危険なのか?

理由は下記のとおり。

  • サイトが重くなる原因になる
  • プラグイン同士が干渉してバグる場合がある
  • セキュリティ面にも問題が発生する場合がある

上記のとおり。
少し順番に説明します。

サイトが重くなる原因になる

プラグインはスマホでいうアプリみたいなものです。
アプリも入れすぎるとスマホもカクついたりしますよね?

それと同じで、WordPressにもプラグインを入れすぎるとサイトスピードが低下するわけです。
サイトスピードが低下すると、読者さんからすれば見づらくなり、Googleからの評価も下がってしまいます。

便利だからといって、ホイホイ入れまくるとサイトパフォーマンスの低下に繋がるので注意しましょう。

プラグイン同士が干渉してバグる場合がある

プラグインというのは非公式のものです。
それぞれ精度が変わってくるため、その理由で複数のプラグイン有効によるエラーが発生し、最悪の場合ブログが表示されなくなります。

数が多いからといってエラーになるというわけではありませんが、入れすぎるとリスクが増すことは事実です。

セキュリティ面にも問題が発生する場合がある

プラグインは非公式のもので、有志が開発したものです。完璧ではありません。

プラグインは定期的に更新していくことで、セキュリティをカバーしています。
つまり、長期間更新されていないプラグインは危険だということです。

プラグインの数が多すぎると管理に手間がかかり、メンテナンスも怠ってしまいます。
プラグインに頼りすぎると、そういったリスクを抱えることになるので注意しましょう。

プラグインに頼りすぎないようにしよう

ということで今回はこのあたりで終わりにします。

最後にプラグインに頼りすぎないためにも、プラグインなしで実装していく方法の記事をいくつか紹介しておきます。

お問い合わせフォームの作成方法【プラグインなし】

アドセンスの自動挿入【プラグインなし】

目次を作成する方法【プラグインなし】

終わりです。

人気記事Amazonアソシエイトに落ちる?【もしもアフィリエイトで解決します】

人気記事【2019年】ミニマリストが買ってよかった物&手放してよかった物

スポンサードサーチ