ミニマリストアローンのブログ

【ミニマリスト】財布を小さくするメリット【おすすめの財布5選】

Belongings MINIMALIST

持ち物を軽くしたい人「普段持ち歩いてるモノはやはり小さくするべきかな?特に財布とか…。そうであれば、おすすめの財布とかも知りたいです。」

こういった疑問に答えていきます。

本記事の内容

  1. 財布を小さくするメリット
  2. ミニマリストがおすすめする小さい財布5選

この記事を書いている僕はミニマリスト。昔は長財布を使っていましたが、今ではそれを卒業し、コンパクトな財布を使っています。

財布を小さくして良かったことを知っているので、これからミニマリストを目指す人や、持ち物を少なくしたい人には、参考になる記事だと自負しています。

スポンサードサーチ

財布を小さくするメリット

ミニマリストがおすすめする小さい財布5選
下記のとおりです。

  • その①:荷物が減る
  • その②:財布の中身が整理される
  • その③:無駄遣い防止にもなる

順番に見ていきます。

その①:荷物が減る

言うまでもないですね。
財布を小さくすれば、ズボンのポケットに収まるので、ちょっと出かけるくらいであれば、わざわざカバンも持ち歩く必要はありません。

外出は、スマホと小さい財布だけでOKになります。

その②:財布の中身が整理される

よくある悪い例として、使ってないポイントカードとかを入れっぱなしにしていませんか?
ぶっちゃけ、財布の中身は8〜9割使ってない説もあります。

小さい財布だと、多くのモノは入れれません。なので、必要最小限でよくなることもあり、整理整頓する習慣が身につきます。

ちょっと質問:ミニマリストは財布にポイントカードを何枚入れてる思いますか?

答え:0枚です。

最近では、PayPayやクレカ決済とかでポイントを貯めることができるものばかりです。なので、わざわざポイントカードを作る必要性も、カードを入れるために財布を大きくする必要性もないんですよね。

その③:無駄遣い防止にもなる

財布が小さいと、お金を入れるスペースも限られてきます。
持ち歩けるお金も少なくなるので、無駄遣い防止に繋がります。

財布が大きいと、ついつい大金を入れてしまいがちです。そうなれば、「今こんなにお金あるし、これ買うか!」といった感じで余計な出費を招く原因にもなりますからね。

小さい財布に変えれば、無駄遣いも減り、必要なモノだけにお金が使えるようになります。取捨選択能力が向上しますよ。

補足:財布を小さくするときの注意点

メリットもあれば、デメリットももちろんあります。
それは、小銭が増えすぎるとちょっと不便になることです。

例えば、1,000円札で160円のジュースを買うと、大量の小銭がおつりとなって帰ってきます。

ピンポイントな例かもしれないですが、小銭で財布がパンパンになることもあるのでここは注意点。財布によっては、小銭が入りきらない事態にもなってしまいます。

なので、なるべくキャッシュレス決済した方がいいですね。

スポンサードサーチ

ミニマリストがおすすめする小さい財布5選

ミニマリストがおすすめする小さい財布5選
財布を選ぶポイントとしては、下記の3つだと思っています。

  • ポイント①:コンパクトで持ち運びやすい
  • ポイント②:カジュアルすぎないデザイン
  • ポイント③:長く使えて、質のいいモノ

こんな感じです。
この3つを兼ね備えた、良い財布を紹介していきますね。

薄い財布 abrAsus

とにもかくにも、薄すぎるで有名な財布で、ミニマリスト達にも大人気。

薄いにも関わらず、「お札・小銭・カード」をしっかり入れることができて、収納力も高い。薄いのでズボンのポケットに入れても、膨らみが気になりません。

鍵を入れる専用スペースも1つ付いており、お金と鍵をひとまとめにできるところもナイスなポイント。

ぶっちゃけ、コンパクトな財布選びで迷ったなら、これにしておけば間違いないと思います。

Amazonでも買えますが、公式サイトだと送料無料です。

小さい財布 abrAsus

さっき紹介した薄い財布とブランドは同じで、こちらもミニマリスト達に人気。収納力はさっきと比べると低くなるので、「必要最低限のモノだけ!」という感じです。

とはいえ、薄い財布と同じく「お札・小銭・カード」の収納は可能。
使い勝手はどちらも、ほとんど変わらないと思います。「薄い財布」か「小さい財布」で迷うなら、見た目や値段になってくるかと。

ハンモックウォレットコンパクト


こちらは3つ折りになっています。

ポイントは、名前のとおり小銭入れがハンモック構造になっており、中身が見やすくなっています。まさに、小さいと実用性を兼ね備えた財布ですね。

こちらも公式サイトありです。

FulltoKeydell

FulltoKeydellの読み方は「フルトキーデル」→「振るとキー出る」

名前のとおりで、財布を振ったら鍵が出てくる面白い財布です。鍵をよく忘れる人や、鍵を取り出すのが面倒な人にはおすすめ。

ただ、小銭入れにはチャックとかがないため、振ったら中身が飛び出てくる場合もあるので、そこは注意点でもある。

MINIMALS 手ぶら財布

ミニマリストのために作られた、スマホと一体化できる財布。

見た目がかなりスマートですが、鍵を入れるスペースも1つ付いています。
これをスマホに装着すれば、外出時の持ち物は「実質スマホのみ」が可能になりますね。

» less isをチェックする

持ち物をコンパクトにすると気分が上がる

というわけで、そろそろ終わりにします。

最後に思うことがあり、財布に限らずですが、「何かをミニマムにすると気分が上がるなぁ」と思っています。やはり持ち物も多いことよりも、コンパクトの方がストレスフリーで身軽ですからね。

特に普段必ず持ち歩く財布は、コンパクトにした方がより一層気分が高まるのではないでしょうか?

ということで今回はこの辺りで終わります。
最後に本記事で紹介した財布をまとめておきますね。

この記事で紹介した財布

 

人気記事【2019年】ミニマリストが買ってよかった物&手放してよかった物

スポンサードサーチ