ミニマリストアローンのブログ

【ミニマリスト】持たない暮らしを続けるための10のマイルール

MINIMALIST

こんにちは、アローンです。(@alone81_mini)

ミニマリストとして生活し始めて、自分なりのルールが確立してきました。

「モノを買う時・モノを手放す時」と、それぞれのルールを作ることにより、「自分なりにこだわった生活をしよう」ということです。

持たない暮らしの参考にしてもらえたら、幸いです。

目次

  1. モノを買う時のマイルール
  2. モノを手放す時のマイルール
  3. ルールを作り、持たない暮らしを実践しよう

スポンサードサーチ

モノを買う時のマイルール

モノを買う時のマイルール
7つあります。

ルール①:買うなら、とことん迷え

先日に、下記のツイートをしました。


上記のとおりです。
要するに、「自分の納得のいくモノに出会うまで妥協するな」ということです。

例えば財布が欲しいと思ったら、どのブランドがおすすめなのか、徹底的に調べるとかです。

ここで、「とりあえず安いのでいいか、ポチっ!」はしません。
安いからという理由で購入しても、愛着も湧かないし、モノを大切に扱えないからです。

モノを買うなら迷った上で「これだ!」という商品を見つけようということですね。

ルール②:手放す時のことを考えて買う

もし必要なくなったとしても、他の人に使ってもらえるように、価値の高い商品を買うことです。

そのためには言うまでもなく、安物買いはしないことですね。

僕は以前、AirPods Prpを購入したのですが、値段は30,000円ほど。

高すぎて震えますが、その分大切に扱おうと思っています。
大切に扱えば、手放す時が来ても売りやすですし、買い手も喜んでもらえる。

ルール③:シンプルなモノを買う

「シンプル・イズ・ベスト」です。
例えば、洋服の場合だと、余計な装飾が施されていないのを選びます。

派手なモノだと、テンションが上がるのは最初だけで、次第に飽きてしまうんですよね。

それに、全てをシンプルに揃えた方がおしゃれに見えると思っています。
満足度も上がり、物欲を抑えることにも繋がります。

ルール④:本は紙の本を買う

「ミニマリストは電子書籍だろ」と思うかもですが、増えたらメルカリで売るとかすれば問題ないですよ。

それに個人的な意見ですが、紙の本の方が読みやすいです。

「持たない・少ない」にこだわりすぎて、不便な生活をおくることは、ナンセンスですからね。

ルール⑤:運要素のある買い物はしない

例えば、「福袋」や「ガチャ」のような運に左右される買い物ですね。

それにお金をかけても、ぶっちゃけ欲しいモノって手に入るわけでもないですし、ただモノが増えてしまうだけです。

買い物をするなら、なるべく納得のいくような「最大限」の買い物をしたいわけです。
運要素のある買い物には、最大限もクソもない。

ルール⑥:いつか使おうと思うモノは買わない

「今欲しい」と思ったモノだけを買うようにしています。

例えば1年後に使う予定のモノが、今バーゲンセールで安くなってたとしても基本的に買いません。

理由は、1年後になっても、何らかの理由で使わなくなるかもしれないからです。
未来にときめくモノではなく、今ときめくモノにお金をかけたいですね。

ルール⑦:コンビニで買い物をしない

上記のとおりで、基本的にお菓子とかも買いません。
コンビニは習慣にしてしまうと、泥沼にハマってしまい、「百害あって一利なし」だと思っています。

ふらっと立ち寄ることもしません。

スポンサードサーチ

モノを手放す時のマイルール

モノを手放す時のマイルール
こちらは、3つあります。

ルール①:1 IN 1 OUT

1つ増えたら1つ手放すスタイルです。なんなら、2〜3つ手放してもいいかもしれません。

新しい洋服を買う→古い洋服は手放す

こうすれば、いたずらに収納ボックスを増やす必要もありません。

あと、「古いモノも使えるのでは?」という考えは、排除です。
その場合、結果的に使わずモノが増えるだけですからね。

ルール②:迷ったら捨てる

「迷うモノ=必要ないモノ」です。
必要なモノだったら、そもそも捨てる発想にもなりません。

迷う時点で答えは出てるので。

あと、直感でいらないと思ったモノも、素早く手放すことって割と大事だと思っています。ずっと放っておくと「もうこのままでいいや…」ってなってしまい直感力すら鈍ってしまいます。

なので捨てることは、スピード勝負だったりです。

ルール③:価値がないと思ったモノは、躊躇なく捨てる

モノに明らかに傷が付いていたり、汚れが付いている場合は売らずに捨てます。

仮に売れたところで大した値段にならないことと、価値のないモノにエネルギーを使いたくないからです。

そういうのを気にしていると、中々モノは手放せなくなると思うのです。
「迷ったら捨てろ」の教訓に似てるかもですね。

スポンサードサーチ

ルールを作り、持たない暮らしを実践しよう

ルールを作り、持たない暮らしを実践しよう
以上、持たない暮らしを続けるための、10個のマイルールでした。

買う時のマイルール【7つ】

  1. 買うなら、とことん迷え
  2. 手放す時のことを考えて買う
  3. シンプルなモノを買う
  4. 本は紙の本を買う
  5. 運要素のある買い物はしない
  6. いつか使おうと思うモノは買わない
  7. コンビニで買い物をしない

手放す時のマイルール【3つ】

  1. 1 IN 1 OUT
  2. 迷ったら捨てる
  3. 価値がないと思ったモノは、躊躇なく捨てる

こんな感じです。

自分でもモノを買う時や、手放す時のマイルールを作ってみてはどうでしょうか?
もし僕のやつが、真似できそうなのがあれば是非どうぞ。

ということで終わりです。

人気記事【身軽すぎる…】ミニマリストの手ぶらの時の持ち物を紹介する

人気記事【2019年】ミニマリストが買ってよかった物&手放してよかった物

スポンサードサーチ