ミニマリストアローンのブログ

ミニマリストのイメージと本質【物を手放すことが全てではない】

MINIMALIST

・ミニマリストって何もかも捨ててるイメージがあるな…
・ミニマリストって不便そう…

このようなイメージを持っている人を見ると、ミニマリストってなんか誤解されやすいなという印象です。
「ミニマリスト=物を減らす人」と思っているようですが、残念ながら違います。

本記事では「ミニマリストの本質」について深掘りしていこうと思います。

目次

  1. ミニマリストの本質について
  2. ミニマリストは誰にでもなれます
  3. 【最後に】自分にとっての最大限は何か改めよう

スポンサードサーチ

ミニマリストの本質について

ミニマリストの本質について<
先日に下記のツイートをしました。


フォーカスして欲しいのは「何を残すか」という部分。
ミニマリズムとは何かを最大限にするために、それ以外の物を最小限にすることです。

要するに「選択と集中」ですね。

よくあるミニマリストへのイメージ

  • なんでもかんでも捨てている
  • 部屋に何も置いていない
  • 生活が不便そう
  • ミニマリストって病気なのでは?

まぁこんなとこでしょうか。

誤解される理由としては、おそらくテレビ番組による報道が原因かなと。テレビに出演した有名ミニマリストは、極端に物が少ないですからね。

でも、テレビ側もミニマリストとは何なのかをわかりやすく伝えるためだと思いますし、まぁ仕方のないことかなと。

捨てることが目的ではない

ミニマリストはあたかも「捨てることが目的」と勘違いしてる人が多いです。
捨てることは「選択と集中」をするための手段であって、捨てること自体に価値はありません。

捨てることを目的とした「断捨離」とは違って、ミニマリズムとは「何かを最大限にし、それ以外を最小限にすること」が目的です。

【補足】ミニマリストは病気ではありません

下記のツイートの通りです。


何度も言っていますがミニマリストは何でもかんでも捨てるのではなく、必要な物はちゃんと持っています。
むしろ不要な物を一生手放さない人の方が、病気なんじゃないですかね。

すいません、病気は言いすぎましたね…。

とはいえ、物は劣化していくので放置しておくと価値はどんどん下がっていきます。使わない物は、早めに売るとか譲るとかした方がそれマルですね。

スポンサードサーチ

ミニマリストは誰にでもなれます

ミニマリストは誰にでもなれます
下記のツイートの通りです。

ミニマリストになりたいけど、オタクだから物が多いんだよね…。

それがあなたにとっての最大限ならオタクグッズ以外の物を捨てればいいかと。
その人にとって、自分の好きなオタクグッズに囲まれた家って最高だと思います。

僕も過去にアニメグッズなんか集めてたりしてた時期がありましたが、今ではほとんど手放しました。僕の場合は映像で作品を楽しんだり、ライブに行くことの方が好きだからです。

僕がミニマリストである理由

下記です。

  • 物やお金、時間に縛られたくない
  • 自分の趣味を最大限に楽しみたい
  • 自分に投資するためにお金を使いたい

ぶっちゃけ挙げればキリがないですが、こんな感じです。

「趣味を楽しみたい」というのは、僕の趣味にはお金がかかるからです。ライブに行くことが趣味でして、お金がなければライブに行くことはできません。

なので、それ以外の無駄なことにはお金は使いたくないので、結果として物が減っていくわけです。

ミニマリストの定義は人によって違う

メンタリストDaiGoの部屋
例えば、メンタリストDaiGoの目的は「知識の最大化」と言っていて、部屋には大量の本が置いてあります。
知識を得るために本以外の物を削ぎ落としたそうです。

部屋が本だらけで片付けられていないように見えますが、これらは彼にとって必要不可欠な物なんですよね。


さらに例を挙げると、いつも同じ服を着ていたスティーブ・ジョブズもミニマリストと呼ばれていました。
彼は仕事で最大の成果をだすために、毎朝「服を選ぶ」という行為を省いたんですよね。

人間の意思決定力は朝が一番高いと言われていまして、それを服を選ぶという選択に頭を使いたくない」という理由で同じ服を着ていました。カッコイイですよねぇ。

要は何かを成し遂げるために、いらないモノやコトを捨てていってるんです。
もちろん、成し遂げたいことは人によって違いますからね。

選択と集中ができるなら、それはミニマリズム

あなたの人生テーマはなんですか?

  • 音楽を楽しむ
  • アニメを楽しむ
  • ゲームを楽しむ
  • 本を楽しむ
  • 旅行を楽しむ

例えば、「本を楽しむ」ならば部屋に本がたくさんあってもいいわけです。
そこに物が多いか少ないかは関係なく、それがあなたにとっての「選択と集中」なら、それはミニマリズムです。

何度も言っていますが、僕の場合はライブに行くことが趣味であり楽しみのひとつです。そのためにはお金を惜しみなく使うことを決めています。
なので、僕にとって「楽しみを生み出せない物」は削ぎ落とすようにしています。

スポンサードサーチ

【最後に】自分にとっての最大限は何か改めよう

【最後に】自分にとっての最大限は何か改めよう
ミニマリストの本質は下記の通りです。

  • 捨てることが目的ではない
  • フォーカスするべきポイントは「何を残すか」という部分
  • 自分にとっての最大限に、物が多いか少ないかは関係ない

僕自身、物を捨てるために生きてるわけではありません。自分の人生を変えたくてミニマリストになっただけです。

自分にとっての最大限を楽しむためにそれ以外の物を削ぎ落とす。
それだけです。

人気記事【2019年】ミニマリストが買ってよかった物&手放してよかった物

スポンサードサーチ