ミニマリストアローンのブログ

【コツ】物を手放す4つのテクニック【物の捨て方と取り入れ方】

MINIMALIST

片付けられない人「物が多すぎて片付けられません。物を減らすコツ、増やさないコツとかはありますか?」

こういった疑問に答えていきます。

この記事でわかること

  • 物を手放す時、どこから手をつけるべきかがわかる
  • これから物を増やさない買い物の仕方がわかる

本記事の内容

  1. 物を手放す4つのテクニック
  2. 新しく物を取り入れる時の心得
  3. 物の手放し方、取り入れ方まとめ

スポンサードサーチ

物を手放す4つのテクニック

物を手放す4つのテクニック

  • テクニック①:まずはゴミが何かを見極めよう
  • テクニック②:手っ取り早く手放す
  • テクニック③:迷った物は手放す
  • テクニック④:自分にとって必要な物だけを残す

順番に詳しく説明します。

テクニック①:まずはゴミが何かを見極めよう

物を減らすのに大事なことは、まず明らかにいらないゴミから捨てることが一番です。

なぜなら、ゴミがあることによりエネルギーが奪われ、手放すモチベーションも下がるからです。

例えば片付けを始めようとした時。

  • 明らかに物が多い状態でのスタート
  • ある程度片付いていて、そこからの断捨離スタート

どちらが気持ち的に楽ですか?
はい、もちろん後者ですよね。

まず、ゴミを減らすことにより手放すモチベーションも上げて行きましょう。
いきなりどれを捨てるかで悩んでいると「選択疲れ」が起きてしまいます。

簡単なことから始めるのが大切

ゴミは捨てやすいので片付けのモチベーションが上がりやすいです。
人は物を手放そうとする時、「これはいつか使えそうかも?勿体ないかな…」と邪念が生まれるんですよね。

まぁそのいつかは来ないんですけど、いきなり迷える物は捨てにくいと思います。
なので、まずは簡単なところから手を付けていくことが物を捨てるコツですね。

テクニック②:手っ取り早く手放す

捨てると決めた物は早く捨てるべきです。

なぜなら、物を残しておくと勿体なく感じてしまい処分しづらくなるからです。
時間が経つにつれて、捨てたくない気持ちが増したり、「やっぱ捨てるの面倒だな…」となります。

対処法は下記です。

  • 物を手放す時に利益を考えない
  • 業者にお願いしてみる
  • 手っ取り早くゴミとして処分する

物を手放す時、もったいない精神が邪魔をしてきます。

例えば、「これはまだ綺麗だから売れそうだな」や「お金に変えたいな」とかです。

メルカリとかのフリマアプリがありますが、買い手が見つかるまでに時間がかかりますし、梱包や発送も面倒ですよね。

そんなことに時間をかけず、業者に頼むなり思い切ってゴミとして処分するなど、手放すまでのハードルを下げることが大切です。

テクニック③:迷った物は手放す

迷う物といえばなんですか?
例えば「いつか使えそう」と思うものですよね。

しかし、その「いつか」はまず来ません。
なぜなら、仮にその「いつか」が来たとしても、思い出せない、あるいは見つからない物になってるからです。

例えば下記の感じです。

「いつか」のために取っておく→物が増えていく→取捨選択ができなくなる→その「いつか」が来た時には結局何が必要かわからない

こんな感じです。

迷った物はまず手放し、もしそれで後悔するなら、それは必要だったということに気付けます。

ポジティブに考えてOK!

それでも迷う場合

もし、紛失したり盗まれたことを想像したうえで自分にこう問いかけます。

もし同じ商品がお店に並んでいた場合、あなたはもう一度それを買いますか?

答えは出ましたか?
迷っている物なら答えは「No」のはず。

迷いがあるということは、どこか気に入ってないポイントがあるからです。
ときめく物であれば、そもそも捨てる発想にならないですよね。

テクニック④:自分にとって必要な物だけを残す

物は「何を捨てるか」ではなく、「何を残すか」を見極めるのが大切です。
なぜなら、それが見極めれるようになれば無駄な買い物が減らせるからです。

そもそも無駄な買い物をしなければ、捨てなくて済みます。

一度自分で必要な物を厳選し、それ以外をダンボールやゴミ袋に詰めて保留にしてみましょう。それで1週間過ごしてみて問題なければオッケイ。不便を感じるなら改善です。

ただ捨てるだけでは成長しません。捨ててまた物が増えても意味がないですからね。

見極め方は、レストランのメニュー選びと同じ

例えば、レストランでメニューを選ぶ時、不味そうな物をリストアップしてメニューを頼みませんよね?

普通なら、「これ美味しそう!」とか「私の好きな物が入ってる!」などと、好きなものをリストアップしてメニューを決めるはずです。わざわざ嫌いなものには目を向けません。

物も同じで、「捨てるべき物」ではなく「残すべき物」をリストアップした方が、選択も楽ですし効率も上がりますよね。

これができれば、あとはいらない物をどんどん捨てていくだけです。

スポンサードサーチ

新しく物を取り入れる時の心得

新しく物を取り入れる時の心得
物の捨て方のテクニックは学びました。
これからは、物を取り入れる時に注意すべきことを伝えていきます。

未来を想像して物を買う

買った後の自分の感情を想像します。

例えば、目の前にある洋服を買おうとする場合、一旦手を止めて、自分がその洋服に満足しているか、あるいはデザインに飽きているかを想像してみます。 

こうすると取捨選択能力が上がり、後悔しない選択ができます。

値段の安さで物を買わない

安物買いをしないということです。
理由は下記の通り。

  • 安物は質が悪い
  • 安いという理由で余計な物まで買ってしまう
  • 特別でないから大切にしない

例えば、安物を買って後から質が悪かったと気付き後悔したことはありませんか?
そして「値段は高いけど、あっちを選べばよかった」と悔やんだことがあると思います。

もし、買い直すとなればまたお金がかかってしまいます。安物は買いはコスパも悪いんですよね。
そして大事な物ではなくなり、そのまま放置してしまいます。

どうせお金がかかるなら、自分が本当に必要かどうかを見極め、質の良い買い物をしましょう。

時間をかけて買い物をする

真新しい物を取り入れる場合は下記をしっかり考えましょう。

  1. なぜ必要なのか
  2. 本当に必要なのか
  3. 必要なくなったらどうするか

何度も言ってますが、物を買う時は本当に必要かどうか、質が高く価値はあるかを考えなければ、また物が増えてしまいます。

そして、その中でも特に重要なのが“3”です。
必要なくなったらどうするかどうするべきか。例えば下記です。

  • メルカリとかで売ってお金に変える
  • 別の人に譲って使ってもらう

物をアップデートしたい場合は、不要になる物も出てきます。
そうなった時に間違っても、ゴミとして処分したり、そのまま押し入れとかに放置してはいけません。

物を大切にするという意志が、物を増やさないコツでもあります。物を取り入れる時は、物の出口を考えたうえで買い物をしましょう。

スポンサードサーチ

物の手放し方、取り入れ方まとめ

物の手放し方、取り入れ方まとめ

物の手放し方まとめ

  • まずはゴミが何かを見極め、簡単なところから始めてみる
  • モチベーションが下がらないうちに、手っ取り早く手放す
  • 迷った物は手放す
  • 好きな物、必要な物を先にリストアップし、それ以外を手放す

物の取り入れ方まとめ

  • 未来の自分の感情を想像して物を買う
  • 値段の安さで物を買わない(コスパが悪いから)
  • 新しい物を買う時は、時間をかけて買い物をする(買う時くらいは迷ってもいい)

最後になりますが、物は手放して終わりではなく、手放した後が大事です。
物で溢れかえってる世の中だからこそ、身の回りの物を絞り本当の自分を知るきっかけにもなるはずです。

是非、本記事のテクニックを使い、より豊かな生活を目指してください。

人気記事【2019年】ミニマリストが買ってよかった物&手放してよかった物

スポンサードサーチ