ミニマリストアローンのブログ

ミニマリストになると労働意欲が低下する理由【体験談あり】

LIFE MINIMALIST

こんにちは、アローンです。(@alone81_mini)
先日に、僕は下記のようなツイートをしました。

【ミニマリストになると労働意欲が低下する理由】

☑️生活コストが必要最小限で良くなるから

☑️会社を辞めたくて、ミニマリストになる人もいる

☑️そもそも元から労働意欲がない

全ての人がそうとは限りませんが、ミニマリストになると、苦しい環境で働く必要がないことに気付くことができる😌

この記事を書いている僕は、元会社員で、会社を辞める前にミニマリストになり、労働意欲が低下しました。

僕以外にも、ミニマリストになってから労働意欲が低下する人はいるようですが、本記事ではその理由を、僕の体験談も混ぜつつ深掘りしていこうと思います。

目次

  1. ミニマリストになると労働意欲が低下する理由
  2. ミニマリストになり会社を辞める選択肢はアリなのか?

スポンサードサーチ

ミニマリストになると労働意欲が低下する理由

ミニマリストになると労働意欲が低下する理由
さっきのツイートのとおりです。

  • 生活コストが必要最低限で良くなるから
  • 会社を辞めたくて、ミニマリストになる人もいる
  • そもそも元から労働意欲がない

順番に見ていきます。

生活コストが必要最小限で良くなるから

ミニマリストになるとわかることですが、断捨離をしてその生活に慣れてしまうと、物欲がなくなるので、労働意欲がなくなります。

ミニマリストは必要最小限のコストでの生活が実現できるわけですね。

労働する価値が見いだせなくなる

僕も、今から2ヵ月ほど前に会社を辞めたのですが、辞めた理由の1つにミニマリストになって、消費活動が減ったことにあります。

消費をしなくなり、無理して辛い労働をすることに価値を感じなくなりました。

会社を辞めたくて、ミニマリストになる人もいる

お金よりも、自分の時間を大切にしたい思いから、ミニマリズムの魅力に出会い、ミニマリストになっていく人もいます。

消費活動の激しい人は、残業をしまくってでも必死に生活費を稼ぐので、残業ウェルカムかもですが、当人からすればマジでごめんです。残業なんてしたくありません。

しかし、さっきも言ったように、ミニマリストになれば生活費のコストを最小限に抑えられます。そしたら、わざわざ毎日のように辛い仕事をしたり、残業をする必要もありませんからね。

ミニマリストになることは、辛い環境から逃げ出すための手段でもあるんですよね。

そもそも、元から労働意欲がない

わりとよくあるパターンだと思います。
今の日本は労働時間は長く、低賃金なので、働くことに価値は見いだすことは難しいです。

これは僕もそうだったのですが、元々、労働意欲のない人間がミニマリストになるとさらに低下してしまいます。

やはり、労働時間をミニマルにし、自分の好きな時間を最大限に活用する生き方に、魅力を感じるわけですね。

補足:全ての人が労働意欲が、低下するわけではない

当たり前ですが、ミニマリストになったからといって、全ての人が労働意欲が低下するわけではありません。

ミニマリストとは、やりたいことを「最大限」にするために、それ以外を「最小限」にする人のことです。

余計なモノを減らせば、仕事に集中できる環境も作ることができ、むしろ労働意欲を上げるきっかけにもなります。

ミニマリストはやはり偉大でした。

スポンサードサーチ

ミニマリストになり会社を辞める選択肢はアリなのか?

ミニマリストになり会社を辞める選択肢はアリなのか?
ぶっちゃけ、どっちでもいいと思います。

昔のように、消費をたくさんして人生を楽しむならそれなりに稼がないといけませんが、ミニマルライフを送るなら、そこまで大きな稼ぎは必要ないのかなと。

僕自身、ミニマリストになり約半年が経ちましたが、最近はマジで物欲がなくなり「たくさん稼ぐ意味はあるのか?」と思うようになってきました。

自分にとっての最低限必要なお金を理解し、辛い仕事を辞め、残業が少ない会社に転職すれば、そっちのほうが有意義な生活ができるのではないかと思います。

とはいえ、お金はあるに越したことはない

とはいえ、なんやかんや言いつつも、お金はあって困ることはありません。

今の仕事に不満がなければ辞める必要はありません。なので、ミニマリストとして生活コストを抑えつつ、未来の自分のために貯金をしたり自己投資したりすればいいと思います。

そしてもし、ある程度、貯金ができたなら、仕事をせずに生活する未来が見えてくるかもしれませんからね。

そんなわけで終わりにします。ありがとうございました。

人気記事【ミニマリスト】財布を小さくするメリット【おすすめの財布5選】

人気記事【2019年】ミニマリストが買ってよかった物&手放してよかった物

スポンサードサーチ