ミニマリストアローンのブログ

ミニマリストになるために物よりも減らすべき3つこと

MINIMALIST

アローン「こんにちは、アローンです。(@alone81_mini)ミニマリストとしてSNSでも発信をしています。」

ミニマリストって物を減らしまくって生活をしているイメージがあると思います。
しかし、その答えは半分正解で、半分間違いです。

というのも、ミニマリストの目的は「暮らしに余白」を作り出すことだからです。

「え、物を減らせば余白ができるじゃん」と思われた方がいるかもしれません。
まぁ正解なのですが、もっと大事なのが、「心にも余白」を作り出すことになります。

先日、下記のツイートをしました。


はい。ただの会社辞めた報告なのですが、これは僕自身がミニマリストとして今後も生きていくために起こした行動であること。

そして、物を減らすだけでは満足できる生活ができないということを、本記事では伝えていこうと思います。

目次

  1. 物をよりも減らすべき3つのこと
  2. 3つを意識すれば自然と物も減る

スポンサードサーチ

物をよりも減らすべき3つのこと

物をよりも減らすべき3つのこと
結論から言うと下記の通りです。

  • 無駄な時間と労力
  • ストレス
  • 見栄

詳しく見ていきましょう。

無駄な時間と労力を減らそう

例えば、会社で仕事をしている人は、普段どれくらいその会社で時間を割かれているのか考えたことはありますか?


上記の通り、通勤時間や休憩時間も会社に時間を割かれています。労働時間はともかく、この2つは普段意識していないのではないでしょうか?

気付いてないかもですが、通勤時間も労力ですよ。

例えば、朝電車通勤の人は会社に遅刻しないために、電車の時間に合わせて早起きしたり、服を着る準備をしたりなどです。

何気なく習慣化されていますが、個人的には無駄な習慣だと思っています。
なぜなら、通勤時間は工夫すれば短縮できるからです。

解決策は会社の近くに引っ越せばいいわけでして、例え家賃が前の家より高めだったとしても交通費が浮くと考えれば実質プラマイゼロですよ。

そして今まで費やしてきた時間に少し自由が生まれます。
例えば、朝に読書をする暇ができたり、睡眠時間を増やすことができたりとかです。

「これは習慣だから仕方ない」で思考停止ではなく、無駄かどうかの判別をすることが大切。

ストレスを減らそう

人はストレスが溜まると物を買ってストレス解消しようとしますが、実際には逆効果で物を捨てた方がどちらかと言うとストレス発散になります。

ミニマリストは「物を捨てて心がスッキリした」と言う人が結構います。物も減るしストレスも減らせて一石二鳥。

あと、個人的にNGなストレス発散方法があって真似しないほうがいいです。

例えば仕事でストレスが溜まり、その発散のためにコンビニで何気なく買ってるお菓子やジュース、お酒などです。

「形に残る物質的な物」と違って、これらは消耗品で無駄な買い物だと自分で気付きにくいからタチが悪い。

そんなことをしなくても、心を満たす方法を記事で書いています。これを読んで、正しいストレス解消方法を学んでください。

見栄を捨てよう

見栄のためにお金を使うと幸福度が下がります。

自分はお金を持ってると思われたい→物を買ってお金もちアピール→お金がなくなる

これは「他人より優位に立ちたい」という欲求の現れで、見栄のためにどんどんお金を使って消耗すると、やがて「普通」すらも維持するだけで精一杯になります。

本当に自分が必要とする物にお金が回せなくなり、幸福度が下がるんですよね。

とはいえ、見栄を張りたがることは人間の本能みたいです。
なので、それを受け入れたうえで見栄のためではなく、自身のためにお金を使うことが大切ですよ。

スポンサードサーチ

3つを意識すれば自然と物も減る

3つを意識すれば自然と物も減る
いったんまとめるとこんな感じです。

  • 無駄な時間と労力を減らす→自由な時間が生まれる
  • ストレスを減らす→無駄な買い物も減る
  • 見栄を捨てる→本当に必要な物にお金を回せる

物を減らせばいいわけではない

冒頭で僕が会社を辞めたツイートを貼りましたが、物は減っていても心に余裕がありませんでした。
なぜなら、会社で日々消耗していたからです。

ただ、物を減らしたからこそ、こういった大胆な行動ができるようになったんだと思っています。逆にいえば、さっき伝えた3つを意識して行動すれば、余計な物を減らすことに繋がります。

心に余白を作り出そう

ストレスや時間に焦っていたら心がミニマルではないですよね。

「ミニマリストになったけどなんか違う」って思うことってありませんか?
多分、それは心にまだ余白ができていないからだと思います。

僕の場合は会社が足枷となっていました。
せっかくミニマリストになったのに、仕事のストレスで生活がミニマルでないことに疑問を抱いたんですよね。

ミニマリストになり、気付くことが本当にたくさんです。空間の次は心の余白を作っていくことが、シンプルライフへの近道です。

まとめ

このように僕は、物を減らせばいいわけではなく、最近では心もミニマルにしていくことも考えるようになりました。

物を減らすよりも大事なポイントを3つ紹介してきましたが、これらは物を減らしたからこそ気付けるポイントだと思っています。

ある程度断捨離に成功したら、次は自分の心の中にフォーカスしてみるといいかもしれません。

是非、空間と心に余白のある生活を目指してみてください。

人気記事【2019年】ミニマリストが買ってよかった物&手放してよかった物

スポンサードサーチ