ミニマリストアローンのブログ

【片づけの心理法則】物を迷わず捨てる!7つの質問リスト

Book MINIMALIST

片付けられない人「物を捨てろ、迷ったら捨てろと言うけれど、いざ捨てるとなるとどうしても抵抗してしまうな…。捨てたほうがいいことはわかってるんだけどな…。」

こんな悩みを持っている人向け。

この記事では、あのメンタリストDaiGoさんの本、『人生を思い通りに操る 片づけの心理法則』にて紹介されている、「モノが勝手に減っていく7つの質問リスト」をシェアしていきます。

  • モノが中々捨てられない
  • 捨てるのに抵抗を感じてしまう

このような人に役立つ内容となっています。
記事を読んだら、実践してみてください(`・ω・´)ゞ

 

もくじ

  1. モノが勝手に減っていく7つの質問リスト【迷わず捨てられる】
  2. まとめ:片付けは人生を最大化し、幸福を手に入れるため

スポンサードサーチ

モノが勝手に減っていく7つの質問リスト【迷わず捨てられる】

モノが勝手に減っていく7つの質問リスト【迷わず捨てられる】
「捨てるのが惜しい…」と迷ったときに、これらの質問を自問自答してみましょう。
なお、全てを覚える必要はなく、自分に合った内容を身につけていけばOKです。

  • 質問①:いったん捨てたとして、これを書い直すか?
  • 質問②:長期旅行に持っていきたいモノか?
  • 質問③:誰かが買ってくれるとしたら売るか?
  • 質問④:あの日に戻れたとして、やはりこれを買うか?
  • 質問⑤:お金が無限にあったら、本当にこれを買うか?
  • 質問⑥:これを何回我慢すれば、ほしいモノが買えるか?
  • 質問⑦:3年、5年、10年経っても必要か?

それでは、順番に見ていきます。

質問①:いったん捨てたとして、これを書い直すか?

買い直し思考ですね。

捨てるかどうかを迷ったモノを、いったん捨てた、あるいは紛失したと想像する方法です。その上で、書い直したいモノがあるのなら、それは本当に必要なモノというわけです。

例えば、洋服であふれた自分のクローゼットを目の前にした時、「これなら書い直すわ!」と思えるモノはあるでしょうか?多分、買い直すほど価値のある洋服は、かなり少ないはず。

実際にこの質問をしてみると、ほとんど「No」と回答してしまう場合が多いとのこと。

捨てたという前提で考えることのよって、「捨てられない…」といった判断を抑制するのが、この買い直し思考というわけです。

質問②:長期旅行に持っていきたいモノか?

トラベラー思考。

3ヶ月以上旅行すると仮定して、捨てるかどうかで悩んでいるモノを持っていきますか?言うまでもなく、持っていかないはず。わざわざ、不要なモノのために、荷物を重くしたくはないですよね。

  • わざわざ旅行に持っていきたいモノか?
  • 一緒に旅したいモノか?

これらを自身に問いかけてみよう。

そもそも、旅行に行く時は、リュック1つ、もしくはキャリーケース1つに最低限のモノしか入っていないのに、とても楽しいですよね。

つまり、人はモノが少なくても楽しめるし、むしろ少ない方が楽しめるんですよね。

イメージが湧かない場合は、実際に旅行してみるのもあり。
本当に持っていきたいモノかどうかを考えながら、パッキングしてみよう。

質問③:誰かが買ってくれるとしたら売るか?

ネットオークション思考。

「捨てることにより損してしまいそう…」といった思考をしやすい人に有効な質問です。

「せっかく買ったのに捨てるなんてもったいない!」と思う人でも、売ってお金に変えるとなると、手放しやすくなります。

実際に僕は、中々手放しにくかったアニメグッズを、メルカリで出品することで、ポンポン手放していきました。

自分からすれば必要なくなっても、誰かが必要としているなら、その人の手に渡った方が、自分もモノも幸せですからね。

逆に、どれだけ高値で売れると言われても、絶対に売りたくないモノこそが、自分にとって大事で必要なモノと言えます。

質問④:あの日に戻れたとして、やはりこれを買うか?

タイムトラベル思考。
本当に必要なモノかわからなくなった時に使う質問です。

「もしあの日に戻れたとして、これを買うだろうか?」と、今現在の思考を持ったままタイムトラベルしたことを想像します。

捨てるかどうか迷うくらいの価値しかないモノは、ほとんどの回答は「No」のはず。むしろ、買ったことを後悔するのではないでしょうか?

「テレビショッピングで紹介されていたダイエット用品を衝動買いしてしまった…」なんてことはいい例ですよね。

タイムトラベル思考は、購入の瞬間に気持ちをフォーカスするための方法です。
モノの価値を見誤ってしまいそうな人には、かなり有効な質問ですね。

質問⑤:お金が無限にあったら、本当にこれを買うか?

大富豪思考。

実は、お金持ちほどモノが少なかったりします。
「お金持ちだからなんでも買えるじゃん?」と思いがちですが、そうではありません。

なぜなら、お金持ちは中途半端なモノは買わないからです。

お金が無限にあったと仮定して、あなたならどちらを選びますか?

  • コスパと性能に優れた手頃な財布
  • ブランド品の高級な財布

言うまでもなく後者なはず。
なぜなら、お金が無限にあるからです。

大富豪思考は、どうでもいいようなモノであふれないように阻止するためには有効な質問です。

  • 無駄遣いしてしまう種類のモノ(文房具、ガジェット類など)
  • 無駄遣いしてしまう場面(ゲーセン、ホームセンター、100均など)

上記のような衝動買いしそうなときに、「お金があったらこれを買うか?」と、いったん質問してみよう。
きっと、「いや、もっといいモノを買おう」と考え直すことが増えるはずです。

質問⑥:これを何回我慢すれば、ほしいモノが買えるか?

ほしいモノ変換思考。
買いたいモノがあるときに使う質問です。

例えば、一回の飲み会が4,000円だと仮定して、10回我慢すれば4万円です。4万円あれば、結構いい買い物ができますよね。

欲しかった時計が手に入るチャンスです。

普段、「ほしいモノがあるけど、お金なくて買えない…!」といった人は、ぜひこの質問をしてみてほしい。
特に飲み会ばかり行って、浪費ばかりしてる人とか。

質問⑦:3年、5年、10年経っても必要か?

ロングパス思考。

長い目で見て必要かどうかを考える、割と難しいやり方です。
何年も先のことなんて、そうそう簡単に想像できることではないですからね。

ならば逆に、買わなきゃよかったモノを思い出すことが有効です。

買わなきゃよかったモノを思い出す

「買って後悔したモノ」、そして「買ってよかったモノ」をリストアップしてみましょう。

こうすることによって、自分の必要なモノと、そうでないモノの傾向が見えてきます。

  • あの時買った靴は、今でも履いていてお気に入りだ
  • この財布、あの時はカッコいいと思ってたけど、今思うとやっぱ微妙かも…

といった感じで色々あると思います。

こういった成功や失敗の経験があると、自分の価値観や思考、自分について知ることができるのです。

ちょっと難しいやり方ではありますが、試行錯誤はモノを選ぶときには重要だということがわかるはずです。

自分の価値観すらも見極められなかったら、必要なモノ、不要なモノがわからなくなり、またモノであふれかえってしまいます。

ロングスパン思考は最後にじっくり挑戦するのがおすすめ!

スポンサードサーチ

まとめ:片付けは人生を最大化し、幸福を手に入れるため

まとめ:片付けは人生を最大化し、幸福を手に入れるため
メンタリストDaiGoさんの7つの質問をやれば、自分の本当に必要としてるモノがわかります。なぜ必要なのか?なぜいらないのか?自分のモノの関係性を見直せる機会にもなるはず。

今回紹介した「モノが勝手に減っていく7つの質問」は、『人生を思い通りに操る 片づけの心理法則』の一部です。

他にも、心理学や科学的根拠に基づいた片付けノウハウが詰まっている本なので、気になる方は一度、手にとってみてはどうでしょうか?

DaiGoさん曰く、「部屋が綺麗になることではなく、片付けにより人生を最大化し、幸福を手に入れるための本」と言われています。

 

人気記事Audibleを無料体験してみた感想【気になる使い心地を解説】

人気記事【2019年】ミニマリストが買ってよかった物&手放してよかった物

スポンサードサーチ