ミニマリストアローンのブログ

Audibleを無料体験してみた感想【気になる使い心地を解説】

Book

Audibleについて知りたい人「Audibleの契約を考えているんだけど、使い心地とか気になる。音声読書に興味ありなので、使っている人の感想を知りたいな。」

こういった疑問に答えていきます。

本記事の内容

  1. Audibleを使ってみた感想【気になる使い心地を解説】
  2. Audibleのサービス概要
  3. Audibleを使って効率よくインプットしよう【おすすめポイントまとめ】

Audibleとは、Amazonが提供するオーディオブックサービスのことです。
書籍をプロの声優が朗読した音声が聴けるので、本を持つことも開くこともせずに読める便利なサービスとなっています。

これを使えば、通勤や通学中、トレーニング中であっても場所を問わずに読書することが可能です。

そんなAudibleを、無料体験を利用して実際に使ってみました。
使い心地や感想をシェアしていきます。

\30日間の無料体験期間あり!/

 

スポンサードサーチ

Audibleを使ってみた感想【気になる使い心地を解説】

Audibleを使ってみた感想【気になる使い心地を解説】
まず使い心地に関しては、結構いい感じです。
機械音声ではなく、プロの声優が文章を読み上げてくれるので、聴きやすさはGoodですね。

さらに、読み上げ速度も調節できるので、「速読したい!」という人には効率よくインプットができて、おすすめだと思います。

注意:小説は向いていない

小説によくある、ストーリー性のあるものは、聴くよりも文章で読んだほうが理解しやすいです。

一応、本はもともと文章を読むためのものです。
「聴く」となると、小説の中の人物や、世界観はイメージしづらい印象でした。

自己啓発本はかなり向いている

自己啓発やビジネス本といった、知識をインプットする系の本は、音声でもありかなと思いました。

ちなみに、僕がAudibleを契約して試しに読んだ本は、Amazonでベストセラーにもなっている「嫌われる勇気」でした。

文体が哲人と青年の対話形式になっているので、かなり聴きやすかったです。

嫌われる勇気では、人生に思い悩んだ青年が哲人に向かって反発し、キレる場面があるのですが、その場面が面白くて、聴いてる途中に何度も「フフッ…」と笑っていました。

それくらい聴きやすく、頭にも入りやすかったってことだと思います。

名言をまとめた系の本も向いている

ホスト界のカリスマと言われている、ローランドの「俺か、俺以外か。 ローランドという生き方」という本も読んでみました。

内容としては、ローランドの名言集がズラリと書かれている本です。
ローランドの至高の名言に対して、一つ一つに意味やエピソードを語ってくれています。

こういった名言などがまとめられた本は、文章で読むよりも、Audibleで聴く方が良さそうです。ちなみに「俺か、俺以外か。 ローランドという生き方」の朗読者はローランド本人。

Audibleを便利に使うシチュエーション

  • 家事
  • 通勤・通学中
  • ジムやウォーキング中
  • その他移動時間など

例えば上記の感じです。

僕は以前、旅行に行くためのバスの中でAudibleを使用しましたが、いい暇つぶしになりました。

長時間の移動ってかなり暇です。
そんな中、ダラダラとSNSを見る時間って、かなりもったいないと思います。

しかし、代わりにAudibleを流すことで、知識をインプットできました。
ちょっとした時間に、読書をする習慣が身につけられる最適なサービスですね。

Audibleの最大のメリット

Audibleの最大のメリットは読書の習慣化です。
Audibleを使えば、読書するシチュエーションが大幅に増やせるからです。

  • 普段、あまり読書をしない人
  • 読書することに抵抗がある人
  • 本を読むことが苦手な人

このような人でも、例えば「電車の中では音声読書する」とか「寝る前に目を閉じながら聴く」とかでも、日々の充実度は変わってきますし、読書習慣を継続させるコツにもなりますよ。

\30日間の無料体験期間あり!/

 

スポンサードサーチ

Audibleのサービス概要

Audibleのサービス概要

  • 月額料金は1,500円
  • 30日間の無料体験期間あり
  • 最初の1冊は無料
  • コイン制になっていて、会員なら毎月コインがもらえる

ざっくりこんな感じです。
そして、Audibleのサービス概要に対する僕の本音は、下記です。

  • 月額料金がちょっと高め
  • 聴き放題サービスではない

月額料金がちょっと高め

Audibleの月額料金は1,500円と、ちょっと高めに設定されています。

AmazonプライムやKindleアンリミテッドといった他サービスと比較すると、「ちょっと高いかな…」と思うかもしれません。

聴き放題サービスではない

他サービスと違って、月額料金を払えば◯◯放題というわけではありません。
ここはAudibleの注意点と言えるでしょう。

Audibleは、毎月コインが1枚無料で付与され、コイン1枚と本1冊を交換することができます。

その関係上、一度にたくさんの作品を楽しむことはできないんですよね。
とはいえ、コインには返品機能があり、「この本はちょっと微妙だな…」って思ったら返品可能です。

返品すればまたコインは戻ってくるので、戻ってきたコインを使って、別の本を購入すれば、1ヶ月に複数の作品を楽しむことはできます。

Audibleが微妙と感じたら解約すればOK

Audibleのサービス概要について話してきましたが、百聞は一見にしかずということで、まずは無料で試してみて、考え、微妙なら解約すればOKです。

また、一度購入した本は、退会後も残り続け、繰り返し聴くことも可能なので無駄になることはありません。(※無料体験でも同じ)

気が向いたらまた契約しなおせばいいわけですし、始めるハードルもやめるハードルもかなり低いです。
そう考えると、聴き放題ではないですが、Audibleも悪くない気がしますね。

ちなみにAudibleの解約方法は、下記記事にて解説しています。
無料体験前に知っておきたい方は、ぜひ参考にどうぞ。

\30日間の無料体験期間あり!/

 

スポンサードサーチ

最後に:Audibleを使って効率よくインプットしよう【おすすめポイントまとめ】

最後に:Audibleを使って効率よくインプットしよう【おすすめポイントまとめ】
Audibleのおすすめポイントは下記の通りです。

  • 通勤・通学中に本が聴ける
  • 歩きながらでも、家事しながらでも聴ける
  • 運動中でもインプット可能
  • 読書しない人や苦手な人でも、読書する習慣が身につく

こんな感じですね。
やはり、最大のメリットは「読書の習慣化」でしょう。

Audibleは、Amazonのアカウントを持っていれば、手軽に始められます。
無料期間中に解約すれば、料金を取られる心配もありません。

ということで以上です。
これを機にAudibleを始め、ぜひ読書をする習慣を身につけてください(`・ω・´)ゞ

\30日間の無料体験期間あり!/

 

人気記事【2019年】ミニマリストが買ってよかった物&手放してよかった物

スポンサードサーチ